クレジットカードを使ってプレゼントする

  • 投稿日:
  • by

私のクレジットカードの引き落とし口座は、日本のクレジットカードなので日本の銀行口座です。ですから、自分のものを買うことは最近ではめったになくなってきたのですが、生活費から出したくないという時には自分のクレジットカードを使って支払っています。そんな状況がやってきました。旦那の誕生日です。旦那の誕生日にはさすがに旦那からもらっている生活費から出すのは自分的にも気持ちが悪いですし、そういうことではないと思っているので、クレジットカードで支払うことにしています。今年もその時期がやってきて、今回も旦那がほしかった服を買ってあげることにしました。とても彼は喜んでいたので、こういう時にクレジットカードを持っていてよかったと思います。

クレジットカードはネット時代の必需品

  • 投稿日:
  • by

ネットで支払いをするなら圧倒的にクレジットカードの方が楽だと個人的に思いますし、今や多くの人はパソコンやスマホを使わない日がほぼないから、要するに持っていないと不便だということです。何ができるのかというと単純にお金の代わりにもなりますが、最も輝いている特徴としては出費の管理がしやすい点にあります。普段自分で家計簿をつけようとしてもレシートがたまってくると面倒で三日坊主になってしまいがちです。しかし、クレジットカードなら明細がネット上で確認できるから、いくら使ったかという点を把握する機能においては自動的に履歴が残るクレジットカードが優秀なのです。ネットで使うならペイパルを通して使うという利用法もあるので、セキュリティ面も安心できると思います。

みなさんはクレジットカードをどんな目的で使っていますか?高価な買い物をするときに分割払いにするためですか?現金を持ち歩くのがめんどくさいですか?海外旅行の付帯保険ですか?いろいろあると思いますが、その中の一つはポイントを貯める、だと思います。多くの場合、利用金額の一定割合がポイントとして還元され、ポイントを利用代金の支払いに当てることができるようになっていると思います。が、よく考えると、このポイント還元率って結構低いんですよね。私が見る限りだと0.1%、つまり1%ないんですよね。仮に毎月10万円使って年に120万円利用したとしても、その0.1%は1200円です。一方で、クレジットカードは年会費がかかる場合があります。概ね1000?3000円程度でしょうか。ゴールドカードだともっとすると思います。そう、いくらポイントを一生懸命ためても、年会費がかかるとほぼ赤字になるのです。少なくとも、ポイント目当てでクレジットカードを持つならば、年会費というコストはゼロを目指すべきでしょう。

カードの更新は早めの連絡で融通が利く!

  • 投稿日:
  • by

海外に長期在住の女性です。クレジットカードは現地のものと日本のもの、複数枚使っているのですが、ある年日本のクレジットカード期限が8月に切れるのに、一時帰国は6月とずれ込んだ時がありました。早目に更新して新しいカードを送ってもらわないと、帰国時に持って帰ることができない...と心配になり、4月頃にカード会社のサービスデスクに電話で相談したのです。すると全く問題なく更新できると言うので、一時帰国中に合わせて日本住所に送付してもらいました。電話の際に「ギリギリではなく余裕をもってお電話をいただいたので、問題ありません」といわれました。カードの更新は、少し早めに対策しておくとスムーズにいくように思った一件でした。

イオンカードがおススメです!

  • 投稿日:
  • by

複数のクレジットカードを所持していますが、いちばん使い勝手のいいカードは、「イオンカード」です。年会費無料なのに、主婦にうれしい特典がいっぱいです。①カードを提示するだけで5%オフの日がある! 消費税が家計を直撃している今、5%オフは本当にうれしいし、助かります。②カード払いで値引き(5~10%オフ)になる「サンキューパスポート」が頻繁に届く! 日付を記入して当日限り何度でも使えるので、高額商品やまとめ買いをするならこのはがきが届いた時 がチャンスです。③電子マネー「WAON」の機能がついている! イオン以外でも使える電子マネー機能がついていて、どこでもポイントをためることができます。環境にも配慮していて、利用明細はインターネット上で確認する点も、素晴らしいと思います。是非使ってみてください。

クレジットカードの作り方は申し込みから

  • 投稿日:
  • by

クレジットカードを作りたい場合には、業者の審査にクリアする必要があり、返済能力を認めてもらう事で作る事が出来ます。作る前の段階でカードのサービス内容を比較しておく事が必要であり、カードにはポイント還元率や付帯サービスがありますから、自身の生活スタイルに相性が良いカードを選択して申し込みを行う事です。クレジットカード作り方はシンプルであり、申し込みから始まり審査にクリアすれば発行され、契約ルールに従ってショッピング等を楽しむ事が出来ます。審査時に必要な書類を業者の指示に従って準備して、ネットや店舗で申し込みを行うと審査に進んで行く事になり、審査では属性評価や信用情報をチェックされて判定されるものです。属性は年齢や収入、在籍年数や職業、居住形態等を点数化して、貸し倒れリスクが無い方が有利になり、これらは第三者が判定出来る要素になっています。信用情報も過去のカード利用履歴等から判定しますから、第三者が判定出来るものになり、主観判断は入り込む事は無いです。カード会社としても返済能力を持ってルール通りに使ってくれる客にカードを持ってもらいたいものですから、こうしたチェックを進めて、業者の基準に達していればカード発行となります。

現金払いよりお得なクレジットカード払い

  • 投稿日:
  • by

以前はにこにこ現金払いをモットーにしていた私ですが、たまたま勧誘でクレジットカードを1枚所有することになり、その便利さに驚いてしまいました。一回払いで普通に使用するだけでもポイントが貯まるので、日常の買い物でも結構ポイントが貯まります。買い物以外にも、携帯料金や光熱費もクレジットカードを通すことでポイントがつくので、一カ月にするとかなりのポイントを稼ぐことができます。現金で支払うよりもお得だということに今更ながら気が付き、毎日セッセとポイントを貯めています。貯めたポイントで品物や商品券にも換もできるので、何と交換しようか今から楽しみにしています。商品券をゲットして家族と一緒に外食に使おうかと検討中です。

私は小銭を持って歩くのが嫌なので、クレジットカードを使用するようにしています。これであれば、細かいお金を出す必要はありませんし、また細かいお釣りを受け取らなくても済みます。とにかく、クレジットカードでの支払いは、私のストレス軽減に大いに役立ってくれていますね。もっとも、そんな私でも数年前まではそこまでクレジットカードに依存してはいませんでした。というよりも、クレジットカードの利用はむしろ控えていたくらいでしたね。理由は使い過ぎてしまうことを懸念してのものだったのですが、今となっては笑ってしまいますね。そもそも、きちんと自分自身を律することが出来れば使い過ぎるなんてことはありませんし、むしろ利用履歴を確認することで是正も出来ますからね。

クレジットカードは普段から利用しているのですが、中学の息子の部活で使用するシューズなどは現金で購入していました。3日以内にシューズを新しくしたいと急に息子に言われスポーツ店へ。在庫がなく7日間程度で入荷するとの事で、待てないのでネット通販を利用する事に。ネットで検索して同じシューズを見つけたのですが銀行振り込みや代引きだと確認作業の時間がかかると言う事で、クレジットカードで即払いしました。直ぐに発送準備をしてくれて2日で自宅に商品が届いて、息子も大満足です。小銭が必要無いからということでカードを持っていましたが、今回のように急な買い物だと即払いが簡単にできるので便利だと思いました。ネットショップ側もクレジットカード決済だと確認が簡単なようです。

クレジットカードを作る際には、よく考えて作った方がいいと思います。カード会社だけでも、メジャーなもので、VISA、MasterCard、JCBの三社があります。その他にもカード会社があるので、よく比べてみる必要があります。また、年会費や入会費がかかるかどうか、ポイントの貯まり方など、よく調べずに作ると後で後悔するでしょう。例えば、いつもAmazonで買い物をするのに、年会費無料というCMに釣られて楽天のクレジットを作っても、意味がありません。これは、極端な話ですが、クレジットカードを退会するのは、結構面倒くさいです。使わずに放っておいてもいいですが、有効期限はだいたい5年なので、それもまた面倒です。だから、どこでどうやって使うか、よく調べてから作った方がいいのです。