クレジットカードはポイント分が割引と同じ

ほとんどのクレジットカードにはポイントプログラムという制度があり、利用金額に対して0.5~2.0%分のポイントが付与されます。貯まったポイントは現金や商品などと交換できるため、実質的に利用金額が値引きされたということです。ただ、ポイントが付与されたとしても、クレジット払いによる手数料(年利15%程度)を取られたのでは全く意味がありません。しかし、クレジットカードの場合、支払いを1回払い若しくは2回払いにすると手数料を取られないため、ポイント分がまるまる儲けになります。そして、クレジットカードは買い物だけではなく、ガス・水道などの公共料金や携帯電話代、プロバイダー料金などの支払いにも使えるため、銀行口座からの引き落としではなく、カード払いにすれば毎月多量のポイントを稼ぐことができます。